トップページ > 基礎体温と生理痛

基礎体温と生理痛

基礎体温と生理痛には、深い関係があります。基礎体温を計っていて出てくる高温期は、黄体ホルモンが十分に分泌されている証拠です。排卵が行われた後に黄体ホルモンがしっかり分泌されていれば、黄体不全の心配もありません。

 

もしも高温期なのに36度5分以下の体温が続いているようなら、黄体不全の可能性があります。黄体不全になると、不正出血が起こったり生理痛がひどくなることがあります。

 

この原因は、過度のストレスや冷えが挙げられます。これらは生理痛の原因ともなり、改善するためにはストレスや冷えを解消することが必要です。特に、冷え性は生理痛には関係の深い症状です。

 

自覚症状がなくとも、高温期に基礎体温が上がっていない人は、体が冷えていることになります。生活習慣や食生活を見直して、高温期にきちんと基礎体温が上がるように努力しましょう。

 

対策としては、野菜をよく食べて血液をサラサラにすると、血行が促進されて体が温まります。体を冷やしてしまうような食材も、あまりとらないようにしたほうがよいでしょう。運動やマッサージ、半身浴なども、体を温めるのには効果的です。

 

当たり前のことですが、薄着をして体を冷やし続けるのは体によくありません。基礎体温をつけていると、女性の体の快調不調が一目でわかるようになってきます。女性機能のためだけでなく、全体的な健康管理をするためにもおすすめしたい習慣です。