シミ取りサプリのランキング!肌が白くなるのはこれ

しみとターンオーバーの関係性

 

ターンオーバーというのは肌の細胞が入れ替わることを言います。簡単に言えば、古い表皮が剥がれて新しい表皮が生まれることです。28日周期が理想的なターンオーバーといわれておりますが20代前半までは基本的に28日周期になりますしかし、加齢によってこの周期日数はどんどん遅くなっていきますが、40代以降は50日以上といわれています。

 

もちろん表皮の入れ替わりが遅くなれば、それだけ老化につながりシミが出来やすくなります。では、このターンオーバーとシミの関係性について具体的に説明しますが、まずターンオーバーについてですが、肌というのは表皮、真皮、皮下組織という何層にもかさなって出来ており、真皮のコラーゲン・ヒアルロン酸・セラミドによって潤いがあります。

 

これらも年齢を重ねると減少していきますし、さらにターンオーバーも遅れることで肌の状態は悪化します。女性は特に冷え性の方が多いですが、それは血行不良によるものです。血行不良になってしまうと、どうしてもターンオーバーが遅れてしまって老化に繋がります。

 

まずは、血行を良くするということを覚えておきましょう。では、どうやって改善すればいいのかというと、にんにくに含まれるアリシン・ビタミンB1・アリチアミンは交感神経を刺激する働きがあるので、身体の機能を活発にして血流改善に繋がります。

 

また、しょうがは古くから血行促進作用がある食べ物ですので、料理としてもお風呂にでも入れて血流改善に役立つでしょう。このように、ターンオーバーとしみには大きく関係性がありますし、もちろん改善方法もありますので把握しておくことをオススメします。

 

 

しみを取るレーザー治療の基礎知識

 

美容方法の一つの形として定着しつつあるレーザー治療ですが、実際に詳しい治療方法について知ることで、本当にしみが消えるのかどうかということがわかるようになるでしょう。

 

レーザー治療の仕組み
レーザーによってしみを取る方法は、レーザーをしみの部分に照射することでしみを焼いて綺麗な皮膚と入れ替えるという仕組みになります。レーザーを照射するとメラニンの黒い色素の部分に反応するのでしみが濃ければ濃いほど取れやすくなります。

 

普通の肌にも何か影響があるんじゃないかと不安がる方もいらっしゃいますが、そこは影響ないので心配いりません。また、レーザーで焼くのでそのしみの部分はかさぶたになります。そのかさぶたが剥がれて新しい肌と入れ替わるので、治療をしてすぐに綺麗になるわけではないので覚えておきましょう。

 

レーザー治療の長所
しみを消す方法はサプリメントであったりスキンケアなど様々ですが、どうしてレーザーにするのか、長所を知っておきましょう。レーザーで消す場合、治療時間、しみが取れるまでの期間が短いということが一つです。そして一番は確実にしみを消すことが出来るということでしょう。他の方法でしたら時間もかかりますし確実性も低いので、確実に消したい場合は、レーザー治療をオススメします。

 

レーザー治療でもとれないしみとは
しみも一種類ではなく、加齢や妊娠中など女性ホルモンの影響で出来るしみを肝班、遺伝性の子供の頃から鼻や頬に出来やすいそばかす、しみの代表的なもので紫外線の蓄積によって出来る老人性色素班のように種類があります。この中で肝班の場合は、レーザー治療でしたらしみが濃くなってしまう可能性がありますので覚えておくといいでしょう。

 

レーザー治療の向き不向き
レーザー治療の流れとしては、治療を受けた後、消毒などのケアを行う必要があります。しみを取りたい人は多いとおもいますし、レーザー治療でしみを取れる可能性は非常に高いですがケアが出来ないと跡が残ったりすることはありますのでケアが出来る人が向いています。もちろん、その逆であまりまめじゃない人は向いていないでしょう。

 

しみをとりたいという悩みがある方は多くいらっしゃると思いますが、レーザー治療を行うならまず基礎的な知識を把握した上で治療に望むことをオススメします。また、病院選びなども慎重に行うことも併せてオススメします。

 

原因はカビ?胸のシミの原因と治療法

 

シミが出来るといえばつい顔というイメージがついて顔だけのケアを行っている方が居ますが、シミは顔だけではなう胸や背中にも出来ます。気付いてないだけで、胸や背中にシミがあるかもしれません。ですが、胸にシミがあった場合、注意していてもらいたいのが本当にシミなのかどうかです。もしかしたら違う病気の症状として現れてるかもしれません。

 

胸にシミが出来た場合
胸に出来るシミの原因は「紫外線の影響」「吹き出物など体質の影響」「カビの影響」と分けられます。一番有名なのは紫外線の影響というものであり、日焼け止めなどで対策をされる方が多くいらっしゃいます。体質によるシミは吹き出物が出来たりしないように体質改善で対策が出来ます。

 

そして、カビの影響というのが理解できない方が多くいらっしゃるかと思いますが、実はシミだと思っていても、シミに効くサプリで良いという場合があります。

 

どうやってカビを治すの?
まず見分け方ですが、そもそもなぜカビが出来るのかというと、これは癜風という菌によって皮膚が感染する皮膚真菌症という皮膚病になります。ちょっとシミみたいだけど違うなと思ったらこの皮膚真菌症を疑いましょう。治療法に関しましては、すぐに病院に行ってください。

 

感染した場合は自然治癒というのは難しく、治りにくいものですので、必ず病院に行くことをオススメします。また、日常生活でもお風呂にしっかりと入って皮脂を取り除くということを意識するといいでしょう。

 

高血圧と漢方薬の効能

 

高血圧の治療には、降圧薬が処方されますが、この状態のときは、すでに症状が中度または重度の状態で、日常生活の見直しを重要になります。しかし、降圧薬を飲むほどではないが、高血圧であると診断された場合は、すぐに対策を考えた方がよいでしょう。その中には、高血圧予防サプリメントや漢方薬を飲む、という方法もあります。

 

また、強い薬ではなく、体に影響が少ないものを選びたい場合もあるでしょう。そのようなときは、漢方薬が適しています。漢方薬は生薬を使って、病気の症状の元からゆっくりと治していく治療法で、即効性はありませんが、確実に症状を軽くできるものとして知られています。

 

漢方薬は、病気の症状だけでなく、患者の体質なども考慮して処方さるので、同じ病気でも異なる漢方薬が処方される場合があります。高血圧の症状があって、体力に問題がない場合は、大柴胡湯や三黄瀉心湯、防風通聖散がよいとされています。

 

これらは、動悸や肩こり、むくみ、肥満傾向がある人に向いているようです。一般的な体力の場合は、釣藤散、柴胡加竜骨牡蛎湯、桂枝茯苓丸が向いていて、それぞれに高血圧の症状を緩和させる作用があります。

 

釣藤散は、動脈硬化が見られる場合に用いられ、柴胡加竜骨牡蛎湯は、不眠や自律神経失調症にも効果があります。桂枝茯苓丸は、血行不良や高コレステロールにも効果が期待できます。そして、漢方薬は、体があまり丈夫でない人でも、飲めるものがあり、七物降下湯や桂枝加竜骨牡蛎湯、八味地黄丸などがそれにあたります。

 

 

更新履歴